ニキビ跡を消すにはどうしたらいいの?

お肌の悩みの代表とされるものに、ニキビがあります。
もちろん、ニキビ自体は確かにできてしまうと悩みの種になりがちです。
何となくうっとうしくて憂鬱な気分になってしまいます。
そして、もっとも嫌なものは、ニキビがニキビ跡となってお肌に残ってしまうことでしょう。

 

そうなったら最悪だ、と考えて心配する人は多いでしょう。
もし嫌なニキビ跡ができてしまったとき、それを消すには一体どうしたらいいのでしょうか?
実は、皮膚は表皮と真皮からできており、二重構造なのです。

 

外界からの刺激をもろに受けてしまうのが表皮です。
この表皮は、常にサイクルがあって壊れてもまた再生するようにできています。
ところが、その奥にある真皮はそういうわけではありません。

 

悪化したニキビは次第に「黄ニキビ」に変化していきます。
この段階になると、表皮はもちろん真皮のほうもダメージを受けていることが多いのです。
そのため、へこんだようなニキビ跡ができやすくなります。

 

ニキビがよくなっても色素が沈着したようになり、シミやニキビ跡の原因になりやすいのです。
真皮に沿った形で表皮が再生するため、へこんだ形のままになるのです。
そうなった場合、コンシーラーなどでそれを隠すか、光治療を行って真皮を元通りにするかしかありません。

 

また、白く漂泊することにより、色素沈着を消す努力をするしかないのです。

 

 

根気良くケアすることも重要?

 

このようなニキビ跡を消す方法には、様々なものがあるようです。
一度できてしまったニキビ跡はなかなか治療できないため、根気を持ってケアを続けていかなくてはなりません。

 

ニキビケアの化粧水などをつけるだけでなく、ニキビのできにくいお肌になるようにケアしていくことが大切です。
たとえば、濃度の高いビタミンCを配合している美容液を使い、お肌のターンオーバーを促進するのもいいですね。